男性も女性も頭の脱毛を改善しよう

何故、男性も女性も頭の脱毛症になるのでしょうか?こちらでは髪の性質や発毛に関してご紹介していきますので参考にして発毛していきましょう。また、発毛効果のある治療法などもご紹介していきます。

男性、女性がなる頭の脱毛症とは?

脱毛は男性と女性によって原因やタイプが異なります。
まず男性の場合は、男性型脱毛症、いわゆるAGAとも呼ばれる症状に代表されるような、額の生え際や頭頂部の毛が抜ける、薄くなると言うのが特徴です。
この場合、一番の原因として考えられるのは男性ホルモンが特定酵素の作用を受けることで、発毛抑制物質に変換してしまうことです。
そのため治療に際しては、この特定酵素を阻害する作用を持つ成分が使用されるのが一般的です。
一方、女性の場合にもAGAに該当するような症状があり、これは男性型のものと区別するために、女性を表す英単語の『Female』、その頭文字をつけてFAGAと表現されることがあります。
女性にも僅かながら男性ホルモンが分泌されています。
女性ホルモンがじゅうぶんに分泌されていれば、男性ホルモンの影響はほとんど出てきません。
しかし女性ホルモンは、加齢やストレス、睡眠不足などによってその分泌バランスを崩すことが少なくありません。
そのために、男性ホルモンの影響が薄毛になって出てしまうと言うのが、女性の脱毛症の特徴です。
また男性ホルモンの影響が出ていなくても、発毛や髪を守る作用を持つ女性ホルモン分泌が減少することで、脱毛や薄毛が進行することもあります。
これは特に、女性ホルモンバランスが大きく崩れる妊娠、出産を機に経験する方が多いようです。
女性の脱毛治療に際しては、発毛に有効とされる成分を含む薬や育毛剤などが使用されるのは勿論のことですが、女性ホルモンのバランスが崩れている場合には、その原因に対する治療や対策が優先される場合もあります。
男女問わず、強いストレスを感じていたり、極端に食事内容が偏っていたり、睡眠時間が短かったりすると、脱毛が発生しやすくなります。
また全身の血流を滞らせるような、喫煙や過度な飲酒、脂質の多い食事習慣などがある場合も、やはり男女問わず脱毛になりやすいと言えます。